ソフトバンク携帯プリモバイルはこちらです。

2016年09月29日

Amazon 第三世代「FireTV Stick」を発表!! Alexaに対応

Amazonさんから新型のFireTV Stickが発表されました!
     
この新型FireTV Stickは1.3 GHz Cortex-A7 クアッドコアプロセッサや Mali-450MP4 GPU、1GB AM、8GB ROM を搭載して、
Wi-Fi ac 2×2 MIMO や Bluetooth v4.1 に対応。
H.265(HEVC)フォーマットのストリーミングに対応しました
(4K出力は非対応です。)

以前のFireTV Stickは速攻で買いました。
理由は安かったからwww

今回も安いですよ。
価格は前作と同じ $39.99 で10月20日に発売されます。
日本だといくらになるのでしょうか?

前作だとやはりWi-Fiの速度がネックになっているので
ファイルサーバーに置いた巨大ファイルの動画を観るのは辛いとこがありました。
CPUとWi-Fiの改善でだいぶ期待できるでしょう!

これは買い換え層も多いでしょうね。

posted by イワ at 15:31| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

これって微妙では?「ソフトバンク、熊本地震被災者の通信速度制限を4月30日まで解除」

「熊本地震で被災したソフトバンク携帯電話のユーザーを対象に、
2016年4月30日まで、月間のプランで定められたデータ通信量を超えても、
LTEの通常速度で通信できるよう、制限を撤廃する。」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160418-00000037-zdn_m-sciより転載


いつも思うがもう少し具体的に表明して欲しい。
この記事をさらっと読むとプリペイド以外はLTE通信制限を解除すると読める
が、いくつか疑問点が残る。

・熊本地震で被災したソフトバンク携帯電話のユーザーを対象
対象者か明確でない。
被災したって基地局が判断するのか?
それとも契約上の住所が熊本や大分県でないとダメなの?

・通信制限を解除とは書いてあるが従量制の利用者からは料金青天井になるのでしょうか?
一括で通信量無料とうたっていないので、通信料金についての明言も本来は必要ではないでしょうか?

・通話料は無料にならないのは何故?
一刻を争うときにはメールやweb、SNSより音声通話を使う事の方が多いのでは?
何故、通話料無料にしないのでしょうか?

電話もデータ通信も今や重要なライフラインの一つになっているので
ソフトバンクの取り組み自体は社会的な意義はあると思います。
が、利用者の立場になってより明確な情報を開示すべきではないでしょうか?

他県から旅行や出張で訪れた人が通信制限無しだと思っていたら
通信制限にひっかかり本当に必要になった時に使えなかったら
困るのは利用した被災者です。

熊本地震の支援・募金・義援金情報まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2146093817858998301


<以下追記>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000024-zdn_m-sci
auやdocomoも同様の支援を開始したようです。

●対象契約者
 今回の措置の対象者は、災害救助法が適用された自治体(4月15日現在の対象地域【PDFファイル】)に契約住所または請求書送付先住所がある、以下のデータ定額サービス・料金プランの契約者。名称に「(V)」「(VK)」が付くVoLTE端末用定額サービス・料金プラン、「(L)」が付くLTE専用タブレット用料金プラン、「(i)」が付くiPad専用料金プランも対象となる。

・データ定額1〜13
・LTEフラット
・LTEフラット cp(f・2GB)
・LTEフラット cp(1GB)
・ジュニアスマートフォンプラン
・シニアプラン
・タブレットプラン ds(3年契約)
・タブレットプラン ds(2年契約)
・LTEフラット for Tab
・LTEフラット for Tab ds


ソフトバンクと違い対象者とプランを明記してありました。
発表ありきのソフトバンクの対応と
しっかりとした対応のauやdocomoでは信頼感が違いますね。
これは企業体制だったり企業文化の違いでしょうか。
posted by イワ at 13:26| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

SIMカードが付録で付いている雑誌・ムック本が販売されていた!

2015年もそろそろ終わりますが
MVNOが活躍しているのか雑誌などでもSIMフリー端末や
MVNO回線の本がかなり増えてきました。

そんな中、SIMカードが付属する雑誌まで出てたようですwww

雑誌 デジモノステーション 2016年02月号
ムック本 デジモノステーション2015年 1月号増刊 『SIM PERFECT BOOK』(シム・パーフェクト・ブック)
の2冊です。
どちらも デジモノステーション系ですね。
    

携帯乞食的には最近ではmineoエントリーパッケージだったり
元祖MNP弾のb-mobile 携帯電話SIMが有名どころですね。
  
私も日本通信さんのSIMは何枚買ったことか・・・。

今回のデジモノステーションの付録SIMカードはデータ通信の初心者向けには
非常にいいのではないでしょうか。
MVNO初心者には雑誌が取説代わりにもなりますしね。

さすがにムック本の方は即完売だったようです。
初期手数料に雑誌代程度で500MB使えるのでしたら
私も一冊買ってみようかなぁ〜。



続きを読む
posted by イワ at 20:47| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする